日本動物学会 第89回大会 2018札幌
 The 89th Annual Meeting of the Zoological Society of Japan
U TOP U
U 大会概要 U
U シンポ/関連集会申込 U
U 参加される方へU
U会場案内 U
U プログラムU
U 公開行事 U

 小中高校生によるポスター発表
 日時 平成30年9月15日 (土)
            ポスター発表: 10:00~12:00(予定) 
                奇数演題番号 — 10:00-11:00(予定) 
                偶数演題番号 — 11:00-12:00(予定) 
   表彰式 :                 13:00~13:50(予定)
 
会場 札幌コンベンションセンター(札幌市白石区東札幌6条1丁目1−1)
   ポスター発表:1階 大ホール
   表彰式:              2階 小ホール
 
発表申込
下記URLにアクセスし,必要事項を記入・送信してください。
 
 ※フォームへの入力事項です。* は必須入力事項です。
1. メールアドレス*(入力したアドレスに回答のコピーが送信されます)
2. 学校名*(正式名称)
3. 学校名略称*(プログラム用)
4. クラブ等の名称
5. 担当(引率)教員氏名*(漢字)
6. 担当(引率)教員氏名*(ふりがな)
7. 連絡先メールアドレス*
8. 連絡先住所*
9. 連絡先電話番号*
10. 連絡先Fax番号
11. 発表タイトル*(全角60文字まで。特殊文字は使用できません)
12. 要旨*(全角450字まで。特殊文字は使用できません)
13. 必要なパネル枚数*(ポスターパネル1枚は横幅90cm,高さ210cmです)
14. 発表者以外の参加者氏名(漢字)
15. 発表者以外の参加者氏名(ふりがな)
16. 一人当たりの交通費*(おおよその額を記入してください)
17. 交通費補助の要・不要*
18. その他要望事項等
 
発表申込締め切り
平成30年6月29日 (金)
 

参加される方へのお知らせとお願い
 
1. 受付は,総合受付 (1F) の小中高校生ポスター発表専用受付でお願いします。受付時に,参加者全員分の名札とホルダーをお渡ししますので,必要事項をご記入の上,ご着用ください。
2. 9時30分までに,演題番号が付されたパネルにポスターを貼って下さい。パネルの大きさは,横幅90cm,高さ210cm です。
3. 13時から 2階 小ホールにて表彰式を行います。表彰式に参加できない学校の責任者の方は,受付時にお申し出ください。
4. 表彰式終了後,14時から同会場で公開シンポジウム「秘められた北の動物誌〜海・川・森にその生態を追う」が開催されます。また,9時から16時までは,動物学ひろば(大ホール)が開催されます。是非ご参加ください。
5. ポスターはお持ち帰りください。
6. 少額ですが,当日学会本部から交通費の補助をお渡しします。希望される方は,発表申込フォームにてお申し込みください。
 
引率の先生へ(依頼文書について)
参加受付後,公益社団法人 日本動物学会 事務局から,各学校へ依頼文書を送付します。
 
 動物学会事務局 永井 (zsj-society@zoology.or.jp)
 
参考:過去の参加実績
第88回富山大会 ポスター発表演題数:60題 参加校数:38校
第87回沖縄大会 ポスター発表演題数:33題 参加校数:28校
第86回新潟大会 ポスター発表演題数:30題 参加校数:21校
 
――――――――――――――――――――――――――――――――――
 
【小中高校生ポスター発表に関する問合せ先】
公益社団法人日本動物学会第89回札幌大会実行委員会 小中高校生研究発表担当
北海道大学  黒岩 麻里
問い合わせメールアドレス:animalsapporo2018@gmail.com
 


発表演題

1. カシス及び茶粉末の給与が鶏及び鶏卵に及ぼす影響 臼井 陽衣、高橋 沙月(岐阜県立岐阜農林高校・動物科学科動物研究班)
 
2. 透明骨格標本の製作技法の検討及びモツゴの骨格変異の研究 青木 ほのり、遠藤 菜央、漆山 拓未、竹内 真矢、原田 脩平、渡邊 千紗、鈴木 皓大)(山形県立米沢興譲館高校 コア・スーパーサイエンス部)
 
3. 土壌動物を用いた環境評価の正確性について 小宮山 友絵、川島 大和、野島 瑞喜(神奈川県立弥栄高校・サイエンス部)
 
4. クマムシの分布調査と蘇生率 岡出 隼、久保田 一輝(神奈川県立弥栄高校・サイエンス部)
 
5. 青い光の謎に迫る 〜ウミホタルに恋して〜 中岡 響希、河村 幸音、瀬戸 春歌(奈良県立奈良高校・生物部)
 
6. ノコギリクワガタの生育環境に関する研究 大手 直人(早稲田大学高等学院・理科部生物班)
 
7. ゼブラフィッシュの警報物質の効果と恐怖条件付け 井上 祐樹,祢宜 和希,平垣内 緑,宮津 伶奈,山坂 美紗(広島大学附属高校・科学研究班)
 
8. 学校林に生息するニホンアカガエルの生態学的研究U 高野 将彰、蕪木 史弦、丸賀 有人、吉田 周平(奈良学園中学校・高校・SS研究チーム)
 
9. 鳥類の性決定,性分化に影響を及ぼす要因についての研究 佐藤 大紀、清水 雅弘、林茉 莉香、小田 野乃香(広島県立西条農業高校)
 
10. 鳥の小翼羽の形状とその生態との関係 田谷 昌仁(市川学園市川高校・生物部)
 
11. クマムシの分布に影響する要因 石井 大暉(市川学園市川高校・生物部)
 
12. 解明!ウミホタル 〜ウミホタルの食性を探る〜 一ノ瀬 悠太郎、鹿児山 星那、高山 大樹、武井 栄憲、田原 仙一、彌永 駿(福岡工業大学附属城東高校・科学部)
 
13. 淡水カメの消化管の長さと食性との関係 大家 巧己(栃木県立佐野高校・科学部カメ班)
 
14. ミシシッピアカミミガメの繁殖に関する研究 大家 巧己、西川 実来、小西 翔、片柳 章(栃木県立佐野高校・科学部カメ班)
 
15. 食育支援ロボットの開発〜〜食物の色から生きる為の知恵を学ぶ〜〜 矢幅達也、秋山 奈穂、本多 由佳、小池 菜友、小泉 里香(沼津工業高専・食育教材開発プロジェクト)
 
16. 高専-高校間連携による地域特性を活かした食育教材の開発〜〜食育支援ロボットやパズル型クッキーの取り組み〜〜 矢幅 達也1、秋山 奈穂1、本多 由佳1、小池菜友1, 小泉里香1、江口 祐大2、勝田 敦2、須賀浦 大輝3、金子 愛美3、辻 実里3、前田 花梨3、平山 みや美3(高専-高校間連携プロジェクト)(1沼津工業高専、2鈴鹿工業高専、3三重県立四日市農芸高校)
 
17. 眼の構造からみる視覚の特徴 遠藤 清将(東京学芸大学附属高校)
 
18. 吸盤からみるタコの環境適応 山崎 天平(東京学芸大学附属高校)
 
19. シャジクモ(Chara braunii)による放射性物質回収の基礎研究〜放射性物質除去の可能性について〜 菅野 由真,柳澤 愛,村井 凌、菅野 涼(福島成蹊高校・自然科学部)
 
20. ミカヅキモ(Closterium moniliferum)のSr2+の吸収能力について〜汚染水から放射性物質(放射性ストロンチウムー90)の除去を目指して〜 石井 知希,菅野 由真,池上 実那,西坂 観月,清水 遥翔(福島成蹊高校・自然科学部)

21. アオミドロ(Spirogyra)のストロンチウムイオン吸収の可能性 柳澤 愛,石井 知希,伊藤 希,二宮 晴香,大沼 卓登(福島成蹊高校・自然科学部)
 
22. カイコガ寿命の雌雄差発現 相澤 悠太,植田 大貴,杉山 周平,水野 碧,菅井 裕貴、佐藤 耀介,成澤 拓巳,小岩 龍盛(東北学院中学校・高校・生物部)
 
23. タニシ異型精子に関する研究 吉原 実祈、内海 彩織、深澤 萌香、菅原 海斗、水谷 恭平、宮本  栞、黒澤 大偉(宮城県宮城第一高校・生物部)
 
24. イモリのクローン作成を目指して 佐藤 里奈、高野 希良々(ノートルダム清心学園清心女子高校)
 
25. カブトエビ〜生きている化石〜 井坪 暁、湯本 英亮、小林 春慶、依田 剛明(長野県立屋代高校)
 
26. 豚の行動観察による繁殖管理への応用に関する研究 古山由実佳、大塚千尋(岡山県立高松農業高校)
 
27. 苔の壁面栽培の可能性検討と豚舎の防暑対策への応用 大塚千尋、古山由実佳(岡山県立高松農業高校)
 
28. あなたの先祖はどこから来たの?〜遺伝子解析による北海道上川地方のアズマヒキガエルの由来と分布〜(第2報) 薄井 左京、鈴木 勘太、田浦あかり(北海道旭川西高校・生物部)
 
29. プラナリアの遺伝子解析 磯村 亮太、菊地 玲央、澤田 浩佑、窪田 健人(栃木県立足利高校・科学部生物班)
 
30. 新潟県に侵入したヌマエビ科の外来種の分布 遠藤 慎、飯濱 圭(新潟明訓高校・生物部)
 
31. モリアオガエルの個体数と行動圏の調査 井上 絢流、星野 黎衣、齋藤 龍太郎、竹村 衣咲、小林 剛大、菅沼 潮音、山 華、鶴谷 歩惟、佐藤 雄貴(新潟明訓高校・生物部)
 
32. 相模湾から東京湾でのフジツボの動態についての研究 杉原 翔吉(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校・理科調査研究部)
 
33. 海の深さとサンゴの色素・褐虫藻に関する研究 伊藤 大輝(横浜市立横浜サイエンスフロンティア高校・理科調査研究部)
 
34. 防水ビデオカメラを用いた水生動物の撮影 高橋 桂、弓納持 圭介(新潟県立柏崎高校)
 



発表演題リストはこちらからダウンロードできます。

日本動物学会では、年1回の全国大会に「高校生によるポスター発表」のコーナーを特別に設け、高校生自身による研究の発表を行っていただいております。この発表の際には、全国から集まる最前線の研究者(学会員)が、発表を聞き、高校生と自由に討議してもらえるように、学会としても運営上の工夫をしているところです。普段あまり接する機会がない研究者との議論は、高校生の皆さんにとって貴重な機会となるのではないかと考えております。今後の日本の動物学を担う高校生に一人でも多くの参加していただきたくご案内申し上げます。
発表をしない高校生の参加も可能です。ポスター発表後の表彰式の後、若手の研究者が研究用の動物を紹介するミニ講演会も企画しました。また、研究対象の動物を展示する「動物学ひろば」も企画されています。多くの高校生の積極的な参加をお待ちしております。
 --------------------------------------------------------------------------------------------
(1)申込方法                                  
「申込用紙」と「要旨作成用紙」 (どちらもWord形式) を大会HP (このページの一番下にあります) からダウンロードし、電子メールに添付してお申し込み下さい。

申込先:zsj86@env.sc.niigata-u.ac.jp
締切:申し込み 平成27年6月30日  要旨提出 平成27年7月31日

※  メールにより「発表申込み」または「要旨」を送ってから3日以上経っても受け取りの返信がない場合、お手数ですがご確認いただけますようお願い致します。
※ 発表しない高校生の参加申込みもポスター発表の申込みと合わせて行って下さい。
※ 発表内容は動物学に関することを原則としますが、その限りではありませんので奮ってお申し込み下さい。
※ 要旨の受付後は、原則、発表者の追加等、一切の講演要旨の変更はできませんのでご注意下さい。
 
(2)依頼文書 
受付後、必要であります場合は、各学校への依頼文書を送付しますので
公益社団法人 日本動物学会 宛メ−ルでお知らせください。
動物学会事務局 永井 zsj-society@zoology.or.jp

--------------------------------------------------------------------------------------------
昨年の参加実績 
ポスター発表演題数:59題  参加高校数:35校
--------------------------------------------------------------------------------------------                                           
【高校生ポスター発表に関する問合せ先】
日本動物学会第86回新潟大会実行委員会 高校生ポスター発表担当
酒泉 満(新潟大学) 
問い合わせメールアドレス sakaizum@env.sc.niigata-u.ac.jp
--------------------------------------------------------------------------------------------
 
⚫︎ 申込用紙と要旨作成用紙はこちらからダウンロードしてください

 申込用紙
 要旨作成用紙

<< 戻る >>
サイトメニュー
   大会概要
シンポジウム 関連集会募集
参加/講演申し込み 概要
   会場案内・アクセス
小中高校生ポスター発表
   動物学ひろば
企業展示・大会賛助金案内
   お問合せ



*