日本動物学会 第85回 仙台大会 2014
 The 85th Annual Meeting of the Zoological Society of Japan
U TOP U
U 参加費・懇親会費 U
U 座長・発表者の方へ U
U 参加される方へ U
U 会場案内 U
U プログラム U
U 一般公開 U


日本動物学会第85回仙台大会 2014

動物学ひろば

見てみよう触ってみよう−多様な動物の世界−」
 
2014年9月13日(土,大会3日目)11:00〜16:30
東北大学川内北キャンパス 講義棟 A棟1階 (A104, A105)
 「動物学ひろば」は、小学生・中学生・高校生・一般市民を中心とした参加者にさまざまな動物を見て、触れて、知ってもらい、動物学研究者との触れ合いを通して、動物の不思議さ・面白さを実感してもらうことを目的としています。
 
 実際には、全国の動物学会の会員が日頃、研究しているさまざまな動物を展示・紹介します。顕微鏡でしか見えないような小さな動物から、直接触れることのできるような大きな動物まで、多くの種の展示を目指します。みなさん、存分に触れあって下さい。
 
出展タイトル
1.  日本発の実験動物:メダカ
2.  お腹の中で子供を育てるサカナ
3.  重要な実験動物:ツメガエル
4.  身近な鳥の世界
5.  数ミリ以下の動物学III
6.  川に、陸に、身近にウヨウヨしているプラナリアを観察してみよう
7.  原生動物園へようこそ!
8. 「ゾウリムシ」を知っていますか?
9.  ホヤという動物を知っていますか?〜海のパイナップルと呼ばれるホヤの正体〜
10.  ホヤはどこにでも付いている!!海はマボヤ以外もホヤだらけ!
11.  卵から成体まで、海の動物で比べてみよう
12.  三崎の海の生きものたち
13.  口・腸・肛門も無い変な動物マシコヒゲムシはどうやって生きているか?
14.  海の中のクモ?熊?生きている石?
15.  下田の生物
16.  ウニの体のミクロな世界
17.  アートなカタチの再生

 
 
 一般公開要旨集
 
一般公開(動物学ひろば・ミニ講演会・高校生によるポスター発表)の要旨集です。クリックでダウンロードできます。

高解像度版:ファイルサイズは18MBです。
 
低解像度版:ファイルサイズは2.7MBです。


 会場アクセス

大会会場へのアクセス案内:ファイルサイズは470KBです。


 
動物学ひろば担当
 竹田 典代(東北大学)ntakeda(at)m.tohoku.ac.jp
 (at)を@に変換してご連絡下さい。
 
 

<< 戻る >>
  サイドメニュー
   TOP
  参加費・懇親会費
  座長・発表者の方へ
   参加される方へ
   会場案内
   プログラム
   一般公開
  高校生ポスター発表
   動物学ひろば
   ミニ講演会
   当日参加
  動物学国際交流セミナー
   協賛団体ご芳名
 デジタルWebプログラム(PC)
 デジタルWebプログラム(スマホ)

                                                                                                                                              .


*