平成28年度日本動物学会学会賞の選考結果・受賞者要旨

平成28年度学会賞等選考委員会 (平成28年5月21日開催)
 赤坂甲治、浅見崇比呂、飯田 弘、井口泰泉、倉谷 滋、富岡憲治、松島俊也
 委員長 井口泰泉
 
平成28年度日本動物学会学会賞
 本賞の全4名の応募者は、動物学の多様な領域を代表する優れた研究者であり、選考規程にある「学術上甚だ有益で動物学の進歩発展に重要かつ顕著な貢献をなす業績をあげた研究者」の条件を満たしていた。応募者の研究内容、研究業績、動物学の進歩発展への貢献度について詳細に審議した結果、以下1名を理事会に推薦することとした。
 
中村正久(なかむら まさひさ)
 早稲田大学・教育・総合科学学術院・教授
 研究テーマ「両生類の生殖腺分化に関する研究」
 
推薦理由
 中村正久会員は2つの性決定様式(XY型とZW型)をもつ野生のツチガエルの生殖腺の雄化にはアンドロゲン受容体(AR)遺伝子とステロイドホルモン合成酵素遺伝子が関わることを明らかにするとともに、両生類で初めて染色体マッピングを行いツチガエルの雌雄判定DNAマーカーを見出した。さらに、AR遺伝子は性染色体にあり、Z染色体のZ-ARは正常に発現するがW染色体のW-ARは転写領域に多くの変異があるため殆ど発現しないので、Z-AR遺伝子はツチガエルの雄化に有利であることを明らかにした。次いで、Z-AR遺伝子を雌(ZW)胚に導入した結果、雌の性が不完全ではあるが転換して卵精巣を形成し、脊椎動物でAR遺伝子が性決定に深く関わっていることを世界で初めて明らかにした。また、生殖腺分化の仕組みの解明には3次元構築が必須であることも見出した。両生類の生殖腺分化の研究において世界をリードする研究を一貫して行い生殖内分泌学分野の発展に多大な貢献をした中村正久会員の功績は、日本動物学会学会賞にふさわしいと判断した。

学会賞受賞者要旨(中村正久)

<< 戻る >>

*