平成29年度日本動物学会学会賞の選考結果・受賞者要旨

公益社団法人 日本動物学会理事会は、6月2日(金)理事会を開催し、学会賞等選考委員会の推薦候補者を基に、各賞受賞者の審議行いました。その結果、平成29年度日本動物学会の各賞を下記のように決定しました。授賞式、また学会賞、奨励賞受賞者講演は、9月22日富山県民会館にて行われます。

公益社団法人 日本動物学会
会長 岡 良隆
  
日本動物学会賞
 
伊藤悦朗(いとう えつろう)
早稲田大学、教育・総合科学学術院、教授
『軟体動物腹足類の学習記憶機構の解明』

受賞理由
 伊藤悦朗氏は長年にわたり、軟体動物腹足類の学習記憶機構を研究してきました。カンデル以来の伝統があるこの分野で、伊藤氏は初めてモノアラガイを対象に選び、その味覚嫌悪学習という行動を使って、きわめてユニークな研究を進めてきました。最近の大きな成果としては、味覚嫌悪学習における長期記憶の形成にインスリン様物質が決定的な役割を果たすことを明らかにしたことが挙げられます。記憶とインスリン様物質の関係についての一連の研究が順調に進展した背景には、1999年に日本動物学会奨励賞を受賞されたCerebral Giant Cell(CGC)というニューロンの発見に始まる、伊藤氏一流の膨大かつ精緻な定量的研究があります。伊藤氏は、単一のCGCニューロンでCREB遺伝子や遺伝子産物を定量分析する方法を装置の開発から手がけ、それを自身の研究に見事に生かし、日本動物学会賞を授与するにふさわしい功績をあげました。 
 
学会賞受賞者要旨(伊藤悦朗)

<< 戻る >>



*