平成30年度日本動物学会奨励賞の選考結果・受賞者要旨

6月2日北海道大学東京オフィスで開催されました理事会におきまして、学会賞等選考委員会による厳正な審査のもと、各賞の候補者が理事会に推薦されました。日本動物学会理事会は、審議を行った結果、平成30年度日本動物学会の各賞について、下記のようにその授与を決定しました。
 
                         日本動物学会

平成30年度 日本動物学会奨励賞 3件
 
柴 小菊(しば こぎく) 筑波大学下田臨海実験センター・助教
「可視化・イメージング技術の開発による高速鞭毛繊毛運動のメカニズム解明に関する研究」
 
授賞理由
 柴小菊会員は、高速で運動する真核生物の鞭毛繊毛運動の調節メカニズムを解明する目的で、高輝度LEDストロボ照明装置を組み込んだ光学顕微鏡解析装置とソフトウェアを独自に開発した。また、開発した装置を用い、精子内に取り込ませたインディケーターの蛍光像から、精子誘因物質に応答して運動方向を変化させる際のカルシウム動態をイメージングすることに世界で初めて成功した。この技術は、鞭毛繊毛運動の解析のみならず、さまざまな生物科学関連分野の運動解析系に応用することが可能であり、国内外の多くの共同研究に発展している。国際的にも高く評価されており、これからの動物学を牽引する研究者として活躍することが期待されることから、柴会員に日本動物学会奨励賞を授与することを決定した。
 
 
竹内 勇一(たけうち ゆういち) 富山大学大学院医学薬学研究部(医学)・助教
「魚類の左右性における生態学的役割とその神経基盤」
 
授賞理由
 例えば人間の場合、多くの人は右利きで、また言語処理は大脳の左半球に局在している。この現象を側方化と呼ぶが、近年、これは人間に限った現象ではなく、多くの動物(昆虫や魚類・鳥類に至るまで)にも広く生じている。体の右と左を使い分けるためには、非対称な身体を持つだけでは十分ではなく、非対称な脳を持つ必要がある。脳と体を合わせて側方化しなくてはならないが、その機構は全く分かっていない。竹内勇一会員は行動科学のこの未解決問題に、魚類、特にタンガニーカ湖に棲息する淡水魚シクリッドに焦点を当てて取り組んできた。鱗食魚として知られるスズメダイ科の魚の一種は、個体ごとに口吻が右に(あるいは左に)曲がっている。それに応じて大型魚の左側(あるいは右側)から襲って鱗を取るが、この二つの形質は頻度依存的な適応度を持ち、両者の個体数はほぼ均衡している。竹内会員はこの側方化の機構を明らかにするために、生態・形態・生理・行動の分野の壁を超えた研究を推し進め、多くの重要な知見を積み上げて高く評価されている。将来の発展を期待し、竹内会員に日本動物学会奨励賞を授与することを決定した。
 
 
宮川 一志(みやかわ ひとし) 宇都宮大学バイオサイエンス教育研究センター・准教授
「ミジンコの表現型可塑性を制御する内分泌機構の解明」
 
授賞理由
 宮川一志会員は、ミジンコの表現型可塑性の発生制御と誘導における内分泌機構の役割、また節足動物における幼若ホルモンシグナルの進化に関する研究を精力的に行ってきた。天敵に対する防衛として起こる誘導防衛において、幼若ホルモンやイオンチャネル型グルタミン酸受容体が関与することを明らかにすると共に、ミジンコの幼若ホルモン受容体を初めて単離し、環境変化に応じて単為生殖から有性生殖に変化する環境依型性決定において、オス化が幼若ホルモンシグナルによって引き起こされることを示した。また、幼若ホルモン受容体の1アミノ酸変異がリガンド特異性を変化させることを見出し、節足動物における幼若ホルモンシグナルの進化において、幼若ホルモン受容体とその下流シグナルの多様化が重要なことを示した業績は高く評価されている。このように幼若ホルモンを中心としたミジンコの表現型可塑性の分子機構についての研究は、無脊椎動物の内分泌学の発展に貢献し、将来の発展も期待されるため、宮川会員に日本動物学会奨励賞を授与することを決定した。
 
奨励賞受賞者要旨(柴 小菊)
奨励賞受賞者要旨(竹内勇一)
奨励賞受賞者要旨(宮川一志)

<< 戻る >>



*