東洋大学125周年記念国際シンポジウム「水・海洋・地球環境ー俯瞰的に考えるための知的体験」
(The Toyo University 125th Anniversary International Symposium 'Interdiciplinary Scientific Intelligence in Water, Marine, and Global Environments - Your Own Enlightening on the Giant's Shoulders')

開催日時:
2013年3月16日(土)13:00〜19:00、3月17日(日) 10:00〜15:00/3月19日(火)13:00〜18:45
開催場所:
東洋大学・群馬板倉キャンパス(3月16,17日)、東京都文京区白山キャンパス(19日)
主催:東洋大学大学院生命科学研究科
参加費用:無料

 主たる講演者は,以下の通りです。
 (1)本庄 丕 博士(ウッズホール海洋研究所 名誉科学者,マリンスノー発見者,地球海洋における物質循環研究の世界権威,独立行政法人海洋研究開発機構 元外部理事)
  Kevin M. Ulmer 博士(SomaLogic社 最高顧問,ゲノムシーケンサー開発研究者,元理化学研究所ユニット長)
 (2)Pei-Jen Chen 博士(国立台湾大学農芸化学部 助教授,環境汚染・水生生物毒性の研究者)
  Daniela Banaru 博士(フランス・マルセイユ大学地中海海洋研究所 助教授,海洋食物連鎖および物質循環の研究者)
 (3)諏訪 僚太 博士(京都大学フィールド科学教育研究センター 瀬戸臨海研究所PD,海洋酸性化による海洋生態系影響の研究者)
 など。
米国,ヨーロッパ,アジアおよび日本から,代表的な研究者あるいは新進気鋭の研究者を招聘しております。

 詳細は,本学の専用ウェブサイト
http://www.toyo.ac.jp/event/detail_j/id/6756/
をご覧ください。
またチラシ(pdf)も併せて御覧ください。
http://www.toyo.ac.jp/news/file/2012/20130316_glscsympo.pdf
 使用言語は英語ですが,同時通訳システムのご用意がございます(先着350名)。

<< 戻る >>



*