これまでのOM賞受賞者
 
第1回 2001年度

定元 久世
(北海道大学・大学院生)     軟体動物を用いた学習記憶機構における転写調節因子の機能解析
松下 智子
(奥羽大学歯学部・助手)     魚類味覚MSG,MSAリセプターのクローニング
第2回 2002年

向後 晶子
(藤田保健衛生大学医学部・助手)     細胞間接着は遺伝子発現パターンに影響するか?−腎臓の形態形成におけるショウジョウバエ上皮性癌抑制遺伝子哺乳類ホモログの機能解析
成瀬 真弓
(奈良女子大学・非常勤講師)     生物時計機能のどの段階が活動リズムの可塑性に関与するか
第3回 2003年

箕浦 高子
(筑波大学生命・文部科学技官) テトラヒメナ新規アクチン関連タンパク質(tArp)の繊毛形成における機能
藤原 宏子
(日本女子大学理学部・非常勤講師)
第4回 2004年

木下 充代
(横浜市立大学大学院総合理学研究科・博士研究員) アゲハ脳における神経伝達物質と生理活性ペプチドの分布地図作成
沓掛 磨也子
(産業技術総合研究所生物機能工学部門・第一号非常勤職員) 社会性アブラムシにおける兵隊特異的発現プロテアーゼの機能と進化に関する研究
第5回 2005年

寺崎 朝子
(千葉大学大学院自然科学研究科) 無脊椎動物のlasp family タンパク質の機能解析
杉浦 真由美
(奈良女子大学大学院人間文化研究科) 原生動物繊毛虫ブレファリズマにおける有性生殖開始機構の解明
第6回 2006年

重谷 安代
(東京大学海洋研究所先端システム研究センター・研究機関研究員) 脊椎動物の頭部三叉神経堤領域とは何か?−ニワトリとカワヤツメにおける神経堤細胞とプラコ−ド派生物そしてナメクジウオにおける相同器官の形成に関わる遺伝子群の解析
松下 敦子
(バ−ジニア大学心理学部・Research Scientist) 弱電気魚の時間差検出における神経回路の免疫組織化学的研究
第7回 2007年

佐倉 緑
(北海道大学電子科学研究所神経情報研究分野・学術研究員) コオロギの闘争行動にかかわるクチクラ体表物質識別の神経機構の解明
第8回 2008年

日下部 りえ
(神戸大学・プロジェクト奨励研究員) 円口類ヤツメウナギを用いた骨格筋発生機構の進化に関する研究
笹川 浩美 
(財団法人 国際科学振興財団) ミツバチ類の社会性行動の発現・発達とその制御,および個体間コミュニケーションを司る行動解発因子に関する研究
前田 美香 
(東北大学加齢医学研究所・教育研究支援者) ゼブラフィッシュ脊髄一次運動神経の細胞体を,周期的に配置する機構についての研究
第9回 2009年

藤田 愛
(独立行政法人農業生物資源研究所 昆虫科学研究領域) シロアリ類におけるセルラ・ゼ生産部位の進化と共生微生物の変化
吉川 朋子 
(北海道大学大学院医学研究科・時間医学) 卵巣に存在する概日時計の生理的役割の解明
第10回 2010年

中谷 友紀
(東京工業大学大学院生命理工学研究科) 種の異なる魚類間で腹ビレの多様性をもたらすメカニズムの解明
柴田 朋子
(東京大学大学院理学系研究科) 動物の進化過程における再生様式の変遷
第11回 2011年

土原和子
(同志社大学 ニュ-ロセンシング・バイオナビゲ-ション研究センタ-) 有害物質の無毒化に関わる調節タンパク質の同定と機能解析
四宮 愛
(慶応義塾大学 法学部 自然科学(生物)) 性決定機構の多様化をもたらす性関連遺伝子の種内変異
第12回 2012年

岩越栄子(いわこし えいこ)・広島大学大学院総合科学研究科・非常勤講師
「新規生理活性ペプチドの同定と機能解析」
廣瀬慎美子(ひろせ まみこ)・琉球大学理学部国際サンゴ礁研究ハブ形成プロジェクト・ポスドク研究員
「刺胞動物の生殖巣形成と藻類伝達様式の多様性に関する研究」
第13回 2013年

湯山育子(ゆやまいくこ)・静岡大学 創造科学技術大学院・学術研究員(非常勤)「共生藻の違いがサンゴのストレス耐性に与える影響」

倉林麻貴(くらばやしまき)・理化学研究所 発生・再生科学総合研究センター・研究員(期限付)「カタユウレイボヤにおける生殖細胞分化関連遺伝子の機能解析」
第14回 2014年

岡本朋子(おかもと ともこ)・独立行政法人 森林総合研究所・日本学術振興会特別研究員PD
研究テーマ「花の化学的プロフィールの変化が昆虫の行動に与える影響の解明」

濱田-川口典子(はまだ-かわぐち のりこ)・東北大学大学院 生命科学研究科 脳機能遺伝分野・研究支援者
研究テーマ「ショウジョウバエ生殖幹細胞の増殖•分化を制御する新規シグナルの解明」
第15回 2015年

稲木美紀子(いなき みきこ)・大阪大学 大学院理学研究科 生物科学専攻 非常勤特任研究員
研究テーマ「細胞キラリティが左右非対称な内臓捻転を誘導する機構の解明」

植木紀子(うえき のりこ)・中央大学 理工学部 生命科学科 共同研究員 / 東京工業大学 資源化学研究所 附属資源循環研究施設 科研費教育研究支援員
研究テーマ「ボルボックス目の鞭毛運動から探る環境応答行動のしくみと変遷」

<< 戻る >>



*