茗原眞路子研究奨励基金の設立のお知らせ

その他各賞会員向け補助金

日本動物学会会員の皆様、

本日は、会員の皆様に重要なお知らせを致します。この度、日本動物学会に対して、動物学会会員で2015年5月に急逝された茗原眞路子会員のご遺志として、多額のご寄付をいただきました。茗原会員は、生前農業生物資源研究所に所属され、ヤマトヒメミミズが強い再生力を持つこと、培養条件によっては有性生殖を誘導できることに着目し、ヤマトヒメミミズを再生研究の新しいモデル実験動物として開発し、基礎生物学的研究を地道に続けてこられました。

この度、茗原会員の生前のご意向を活かすべく、基礎生物学(動物学)の研究に従事し、良い基礎研究をされているが研究費に必ずしも恵まれない方への研究奨励金として使っていただきたい、ということでご寄付をいただきました。関係者との話し合いの結果を受けて、年間3名の動物学会員に基礎生物学(動物学)研究奨励金50万円ずつを差し上げる目的で、「茗原眞路子研究奨励基金」を創設し、寄付金を使い切るまで運営する、という案を私から12月8日開催の理事会に提案し、承認されました。そこで、早急に規約を作成し、動物学会の本事業年度内(2018年7月1日より2019年6月30日まで)に第1回目の公募開始を予定しております。

規約の詳細な内容はこれから検討いたしますが、関係者のお考えに沿って、応募する年度(通常の会計年度)には外部資金を得ていないが、重要な基礎生物学的な研究を計画・実施されている動物学会会員を対象に、従来の動物学会各賞とは異なる「研究奨励金」を差し上げることになる予定です。

以上

公益社団法人日本動物学会会長 岡 良隆

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第90回大阪大会

PAGE TOP