<再掲載>BioOne Ambassador Award候補者の推薦について

BioOne Ambassador Awardは、前年にBioOneで公表された論文の著者で、大学院生~学位(修士、博士)取得後5年以内の若手研究者に与えられる賞で、賞金US$ 1,000が与えられます。

推薦できるのは各雑誌を発行する学協会です。2022年の募集について、Zoological Science発表論文の著者から、以下の方法で推薦したいと思います。

ただし、BioOneから発行されている全雑誌から5名ですので、本学会が推薦しても受賞できるとは限りません。かなりの競争が予想されます。

これまでにZoological Scienceからの受賞はありませんが、過去の受賞者などの情報は下記のページの中ほどから見られます。

https://bioonepublishing.org/our-work/

【推薦者】日本動物学会会員

【被推薦者】2021年(38巻)にZoological Scienceで公表された論文の筆頭著者で、大学院生~学位(修士、博士)取得後5年以内の若手研究者

【推薦方法】以下の内容をメールで動物学会事務局(zsj-society@zoology.or.jp)あてに送付する。

 1.推薦者名

 2.被推薦者名と身分(資格を満たしていることを明示する)

 3.発表論文名と号、ページ

 4.「How does your research change the world?」という問いに対する回答を7501000語程度の英文で用意する。

【締め切り】2022120日(木)、メールの件名を「Ambassador Award推薦」とする。

【被推薦者の決定】締め切りまでに応募があった候補者の中から、Zoological Science編集委員会(2022年の委員会、兵藤晋委員長)が選定し、BioOneに推薦する。

沼田英治

Editor-in-Chief of Zoological Science (2020-2021)

兵藤 晋

Editor-in-Chief of Zoological Science (2022-)

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第93回大会

今後のイベント

PAGE TOP