東北大学大学院生命科学研究科分子行動分野 助教公募要領

東北大学 大学院生命科学研究科 分子行動分野助教公募要領

拝啓 時下益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。
さて、東北大学大学院生命科学研究科では、以下のように、脳生命統御科学専攻・分子行動分野の、常勤の助教1名を公募いたします。つきましては関係者各位へのご周知とともに、適任者のご推薦のほどお願い申し上げます。
敬具

公募内容:助教1名
所属:東北大学 大学院生命科学研究科 脳生命統御科学専攻・分子行動分野
専門分野:小型魚類の行動生物学

応募資格:以下に該当する方
・博士の学位を有する、または学位取得見込みの方で、当該分野教授(竹内秀明)の主宰の下で、学生の研究指導および実習等の学生教育に熱意をもって取り組むことができる方。また、分野の教員らと連携して分野運営に貢献できる方。
・魚類を対象にした基礎科学(神経科学・発生学・ゲノム生物学・解剖学等)において優れた研究実績を有し、小型魚類(主にメダカ)を中心とした行動生物学を取り入れることで、将来のPI候補として新規研究領域を開拓したい方。
・当該分野教授(竹内秀明)と連携して、メダカの社会行動に関わる分子神経基盤の研究を展開する熱意のある方。

勤務形態:常勤
任期:8年(東北大学任期規定の定めるところによる)
勤務地:宮城県仙台市青葉区片平2-1-1片平キャンパス 生命科学プロジェクト総合研究棟
待遇:東北大学規定の定めるところによる。
募集期間:2023年3月31日(金)まで
着任時期:2023年6月1日以降、できるだけ早い時期

応募書類:
(1) 履歴書(高等学校卒業以後の履歴を記載したもの、書式自由、写真貼付)
(2) 業績目録(学会発表を含む)
(3) 研究費獲得状況
(4) 主要な原著論文3編の別刷(コピー可)とその内容を解説した文書(各200字程度)
(5) これまでの研究概要(1,500字程度)
(6) 今後の研究計画と教育に対する抱負(1,500字程度)
(7) 本人について意見を聞ける方2名の氏名と連絡先と応募者との関係

上記(1)~(7)の全てを1つのPDFファイルにまとめ、竹内 秀明(hideaki.takeuchi.a8@tohoku.ac.jp)宛てに御送付ください。受け取りの確認メールをお送りします。応募書類は本応募の用途に限り使用し、個人情報は正当な理由なく第三者へ開示することは一切ありません。

問い合わせ先:
〒980-8577
宮城県仙台市青葉区片平2-1-1片平キャンパス 分子行動分野
教授 竹内 秀明
E-mail:
hideaki.takeuchi.a8@tohoku.ac.jp
Tel:
022-217-6218

備考:選考過程で面接をお願いすることがあります。

なお、東北大学は男女共同参画を推進しており、多様な人材の積極的な応募を歓迎しております。雇用の分野における男女の均等な機会及び待遇の確保等に関する法律第8条に基づき、女性教員の在籍率を改善するための措置として、公正な評価に基づき職務に必要とされる能力が同等と認められる場合は、女性を優先的に採用します。東北大学には全学教職員が利用できる川内けやき保育園(定員30名)、青葉山みどり保育園(定員116名)および、星陵地区の方が利用できる星の子保育園(定員120名)があり、全国の国立大学の事業所内保育施設として最大規模の保育環境が整っています。また、大学病院内に軽症病児・病後児保育室もあり、全学教職員が利用できます。その他、本学の両立支援、研究支援等の詳細及び共同参画の取組については、下記URLをご覧ください。
男女共同参画推進センターWEBページ
http://www.tumug.tohoku.ac.jp

本研究科および当該分野に関する詳細は、以下のホームページをご覧ください。
・東北大学大学院生命科学研究科のホームページ
https://www.lifesci.tohoku.ac.jp/
・分子行動分野のホームページ
https://sites.google.com/view/molecular-ethology-laboratory/

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第95回大会

PAGE TOP