研究活動をめぐる評価と研究公正に関する意識調査(webアンケート)ご協力のお願い

このたび、JST社会技術研究開発センター「科学技術・イノベーション政策のための科学」研究開発領域からの委託研究の一環として、ライフサイエンス領域の研究者を対象に「研究活動をめぐる評価と研究公正に関する意識調査(webアンケート)」を実施する運びとなりました。
この調査では、研究評価と研究公正に関する研究者の考えを調査し、より良い研究エコシステムのための提言作成を目指しております。

プロジェクトの詳細につきましては、こちらからご覧いただけます。
http://scirex.grips.ac.jp/
https://www.jst.go.jp/ristex/stipolicy/project/project48.html

【研究活動をめぐる評価と研究公正に関する意識調査(webアンケート)ご協力のお願い】

1. 調査目的
世界的な競争が激しさを増す中、研究者の評価をめぐる問題は研究環境上の大きな問題となっています。
この調査は、研究評価や日々の研究実践感覚に注目しながら、特にライフサイエンス領域において、研究者が本来のモチベーションを発揮し、健全に研究活動を実施できる環境を形成するための学術的あるいは政策的知見の抽出を目的としています。

2. 調査対象
この調査は、ライフサイエンス領域の研究開発に携わる方々(大学院生や若手の専門職を含む)を対象としております。

3. アンケートサイト
(1)URL(こちらからご回答いただけます。回答は任意です。)
https://enq.internet-research.jp/open/fP_mbaVj9KxjWTWzlVk4FQ

(2)所要時間:10~15分程度
(3)回答締切:2023年7月8日(土)午前10時

4. 結果の公開
得られた結果は、個人を特定できない形で学術的な分析を行った上で広く公開・議論します。そして報告やデータに基づいた提案を、政策担当者をはじめ広く社会に共有していくことで今後の研究エコシステムのあり方とそのための科学技術・学術政策を考察するために積極的に活用していきます。

※この調査は複数の経路から依頼しているため、同様のメールをすでに受信されていましたら、申し訳ございません。
重複して受信された場合は、1回のみご回答いただきますようお願いいたします。

ご多忙のところ誠に恐れ入りますが、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

〈アンケート問い合わせ先〉
京都薬科大学 薬理学分野 田中智之 ( tanaka-s@mb.kyoto-phu.ac.jp )

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第95回大会

PAGE TOP