日本比較生理生化学会若手の会 次世代インセクト・フロンティア研究会開催について

日本動物学会会員の皆さま

日本比較生理生化学会 若手の会では今夏、第2回 次世代インセクト・フロンティア研究会を開催します。
https://jscpb-younger.org/insect-frontier/ (イベントHP)

本会では昨年より、「ムシ」(小型節足動物一般)の研究に関心のある若手同士の繋がりの強化を目的として、行動学、生態学、分類学、進化学、生理学など、学会の垣根を超えた分野横断的な対面の研究会を開催しています。
まだ研究に着手していない学部生1年生から、大学院生、ポスドクまで、全国から幅広く参加者を募っておりますので、周りの皆さまにも是非ご周知いただけますと幸いです。

【日程】
2023年8月24日(木)13:00-17:00(任意参加の懇談会 18:00-20:00)

【会場】
名古屋大学 東山キャンパス 理学部A館 A222 (OKAZAKI MEMORIAL LECTURE ROOM)

【対象】
「ムシ」(小型節足動物)の研究に関心のある学部生~大学院生、ポスドクなど
※ 日本比較生理生化学会の会員である必要はありません。

【内容】
参加者全員が10分以内(予定)の発表を行うことで、その後のディスカッションを有意義なものにする。
参加申込フォーム(締め切り 8/13):https://forms.gle/yv7YA4825h5krMZi9

※多少の旅費補助を行います。(日本比較生理生化学会 若手の会に配分された予算から支出します。領収書が必要な場合は事前にご連絡ください。)
※プログラムは参加者が決まり次第、参加者にのみ共有します。
※本イベント内で共有される情報は外部に公開しないようお願いしております。

【実行委員発表題目】
納富 祐典(東京大学)D1「アリ視覚認知行動とその定量解析」
山ノ内 勇斗(名古屋大学)M2「昆虫の行動実験に用いるリアルタイム行動介入システム」
福井 千海(千葉大学)D1「生物の機能を利用した匂い源探索ロボットの開発」
村田 彰久(神戸大学)M2「コオロギの闘争行動における攻撃動作の解析」
丹澤 恭平(東京農業大学)M2「フェロモン受容に寄与する触角の構造的特徴の解明」

【問合せ先】
東京都 目黒区 駒場 3-8-1 3号館3階
東京大学大学院 総合文化研究科 広域科学専攻 広域システム科学系
納富祐典(日本比較生理生化学会 若手の会 会長、日本動物学会 会員)
E-mail. notomiant@gmail.com

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第95回大会

PAGE TOP