平成21年度(2009年度)日本動物学会女性研究者奨励OM賞

女性研究者奨励OM賞は、「本会会員である女性研究者で、優れた研究を推進しようとしている方を対象とし、とくに、安定した身分で研究を続けることが困難であるが、強い意志と高い志を持って研究に意欲的に取り組もうとする方」に贈られる。OM賞の趣旨をいかすために、今回の応募から申請書の様式を変更した。これにより、応募者の研究に対する姿勢と共に研究環境等を把握し、その情報に基づいて本賞の趣旨にそう審査を行う環境を整えた。その結果、今回は吉川朋子会員と藤田愛会員を全会一致で推薦した。両会員とも留学、研究室の移動、出産・子育てを経験しているが、その間も情熱を失うことなく研究を継続し、優れた業績をあげている。

平成21年度日本動物学会女性研究者奨励OM賞
藤田 愛 (独立行政法人農業生物資源研究所 昆虫科学研究領域)
シロアリ類におけるセルラ-ゼ生産部位の進化と共生微生物の変化

吉川 朋子(北海道大学大学院医学研究科・時間医学)
卵巣に存在する概日時計の生理的役割の解明 

関連記事

  1. 平成25年度(2013年度)日本動物学会女性研究者奨励OM賞
  2. 平成20年度 日本動物学会賞等の選考を終えて
  3. 平成21年度学会賞の選考を終えて
  4. 平成29 年度(2017年度)日本動物学会女性研究者奨励OM賞
  5. 平成22年度(2010年度)日本動物学会女性研究者奨励OM賞
  6. 平成30年度(2018年度)日本動物学会女性研究者奨励OM賞
  7. 平成24年度動物学会賞等の選考を終えて
  8. 平成24年度(2012年度)日本動物学会女性研究者奨励OM賞

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第91回大会

PAGE TOP