支部TOP
支部大会
支部講演会
支部委員会報告
支部選挙
支部規約
支部役員
その他
過去のtopページ
お問合せ
Facebook
本部
北海道支部
東北支部
関東支部
中部支部
近畿支部
中国・四国支部
九州支部
 支部大会
本ページは補助サイトになります。
最新の支部大会情報は、動物学会・関東支部のFacebook公式アカウントから発信していますのでそちらを御覧ください。
https://www.facebook.com/zsjkanto/

本ページからの情報発信は遅れることがありますのでご注意ください。





  ■ 令和4年(2022年)
 
日本動物学会関東支部 第74回大会のお知らせ(第五報)
本年度の関東支部大会は、2022年3月5日(土)にオンラインにて開催されます(参加費無料)。参加登録の締め切りが、3月3日(木)17時(厳守)と迫ってまいりましたので、お知らせ致します。参加をご予定の方は、お急ぎご登録ください。
 
第一部公開シンポジウムにお申し込みの皆様には、大会前日(3月4日)にZoom URL の登録情報のご案内メールが届く予定です。
第二部に参加登録をされた皆様には、大会前日に、LINC Biz の大会サイトへ招待メールが届く予定です。LINC Biz の大会サイトは、大会前日に準備が整い次第、公開する予定です。また、ポスターの掲示は、大会当日(3月5日)10時までに完了することとなっております。大会サイトは、3月12日まで公開する予定です。
ポスター賞の投票権のある方には、大会前日に、投票サイトの URL のご案内メールが届く予定です。
※総会や懇親会(授賞式を含む)の Zoom URL は、大会前日から LINC Biz の大会サイト内でご案内致します。
 
 
【参加申し込み方法】
3月3日(木)17時までに、以下のURLより参加登録を行ってください。
 
参加申込みフォーム
 
※第二部の参加者は、「動物学会会員」か「発表者リストに名前がある方」のみに制限します。
 
 
本大会の最新情報は、日本動物学会関東支部のFacebookを通じてお知らせいたします(https://www.facebook.com/zsjkanto)。
 
大会準備委員
猪早 敬二(東京工業大学)
加藤 明(東京工業大学)
川上 厚志(東京工業大学)
立花 和則(東京工業大学)
田中 幹子(東京工業大学)
田守 正樹(東京工業大学)
二階堂 雅人(東京工業大学)
若林 憲一(東京工業大学)
 
問い合わせ先 045-924-5722(田中幹子)








 
  ■ 令和4年(2022年)
日本動物学会関東支部 第74回大会のお知らせ(第四報)
 
本年度の関東支部大会は、2022年3月5日(土)にオンラインにて開催されます(参加費無料)。演題登録の締め切りが、2月12日(土)17時と迫ってまいりましたので、お知らせ致します。
締め切り時間を過ぎますと、演題登録はできなくなります。発表されるご予定の方は、お急ぎご登録ください。
 
【参加・演題申し込み方法】
[発表される方] 2月12日(土)17時までに、以下のURLより参加登録および演題登録を行なってください。
[発表されない方] 3月3日(木)17時までに、以下のURLより参加登録を行ってください。
 
参加・演題申込みフォーム
※要旨の文字数は、200字以内です。
 
※一般発表の場合には、発表者に日本動物学会・関東支部会員が1名以上含まれている必要があります。ただし、高校生の研究発表の場合には、この限りではありません。
※中学生で研究発表を希望される方は、身分「その他」を選択し、中学生と記載ください。
※ポスター発表は、Linc Biz 形式を利用します。ポスターチャンネルには、ポスターを必ず掲載していただきますが、ポスター(複数枚可)に加えて、動画、Zoom URL 等も掲載できます。演題登録をされた方には、後ほどマニュアルを送付しますので、ご安心ください。
※第二部の参加者は、「動物学会会員」か「発表者リストに名前がある方」のみに制限します。
 
 
本大会の最新情報は、日本動物学会関東支部のFacebookを通じてお知らせいたします(https://www.facebook.com/zsjkanto)。
 
大会準備委員
猪早 敬二(東京工業大学)
加藤 明(東京工業大学)
川上 厚志(東京工業大学)
立花 和則(東京工業大学)
田中 幹子(東京工業大学)
田守 正樹(東京工業大学)
二階堂 雅人(東京工業大学)
若林 憲一(東京工業大学)
 
問い合わせ先 045-924-5722(田中幹子)








 
 令和4年(2022年) 
日本動物学会関東支部 第74回大会のお知らせ(第三報)
本年度の関東支部大会は、2022年3月5日(土)にオンラインにて開催されます(参加費無料)。演題登録の締め切りは、2月12日(土)17時となっております。
本大会は、第一部の公開シンポジウムと第二部のポスター発表の2部構成となっております。
公開シンポジウムは「変なところに住む生きもの」というテーマで、3人の先生方にご講演を頂きます。今回のメールでは、要旨を掲載しておりますので、ご覧ください。
また、第二部のポスター発表では、ポスターチャンネルに、ポスターに加えて、動画を貼り付けることや、ご自身で設定したzoom URL 等を貼り付けて、発表時間内に口頭発表を行うこと等も可能です。ポスター発表は、学生と高校生(もしくは中学生)の発表者を審査対象とし、優秀な発表にポスター賞を贈る予定です。表彰式はオンライン懇親会で行われます。
 
【プログラム(予定)】
第一部(10:00-12:20)公開シンポジウム「変なところに住む生きもの」
「過酷な環境(乾燥、強酸性、高塩濃度)で生き延びるユスリカの仲間」黄川田隆洋 先生(農研機構、東大院)
「コウモリの進化、生態、からだの形」小薮大輔 先生(筑波大学)
「アストロバイオロジー研究の最前線 〜宇宙に生命はいるのか?〜」藤島皓介 先生(東京工業大学)
総会(12:20-13:00)
第二部(13:00-15:00) ポスター発表(Linc Biz 形式:https://getlincbiz.jp/pss/
15:15~ オンライン懇親会(表彰式あり:Zoom 形式)
 
公開シンポジウム「変なところに住む生きもの」
「過酷な環境(乾燥、強酸性、高塩濃度)で生き延びるユスリカの仲間」黄川田隆洋 先生(農研機構、東大院)
皆さんは、夏の夕暮れに、水たまりの上や軒先で蚊柱が立っていることを見たことがあると思います。それは、ユスリカというハエ目の昆虫が、交尾をするために群飛しているのです。一見すると蚊のようにも見えますが、ユスリカの成虫には口器が無いため、血を吸うことはありません。交尾を終え産卵を果たしたユスリカ成虫は、忽ち死んでしまうような儚い生き物です。水たまりや湖沼などに産卵されると、数日で幼虫にとして孵化し、巣管と呼ばれる泥と粘液で作ったチューブの中に入ったまま、水底で魚などの天敵から身を隠して藻類や有機物残渣を食べてひっそり生き延びます。このように見ると、ユスリカは昆虫界最弱生物のように思うかもしれません。しかし15,000種以上存在するユスリカの中には、最強とも言えるような極限環境適応能力を持つものがいます。その代表例が、アフリカの半乾燥地帯に生息するネムリユスリカ Polypedilum vanderplankiです。ネムリユスリカの幼虫は、乾眠(anhydrobiosis)と呼ばれる状態に変化することで8ヶ月以上続く過酷な乾季を耐え、雨季が到来すると生命活動を再開させます。乾眠状態のネムリユスリカ幼虫は、体内の水分がほぼ完全に無くなっており、呼吸を含めた代謝が一切停止しています。また、-270℃〜90℃の温度、放射線、真空、有機溶剤などの物理・化学的ストレスに耐性を示します。その上、国際宇宙ステーションの船外で宇宙空間に2年半曝しても、乾燥幼虫は蘇生能を維持していました。このように、ネムリユスリカ幼虫は、乾眠の状態になると、ほぼ無敵の防御力を発揮します。一方、日本にもサンユスリカChironomus acerbiphilusという凄いユスリカがいます。宮城県の潟沼はpH2以下という強烈な酸性のため、藻類などの微生物を除いて、サンユスリカ以外の動物は全く生息していません。また、海水の6倍以上濃い塩分濃度を示すロシア・ウクライナのクリミア地方に点在する塩湖には、Baeotendipes noctivagusというユスリカが優占種として生息しています。他にもヒマラヤの氷河や南極に生息する仲間が存在する事からわかるように、ユスリカは、他の動物にとって生き延びることが難しい過酷な環境に敢えて適応することで、天敵により捕食される機会を減らすように進化してきた昆虫であると言えます。本シンポジウムでは、ユスリカの生息する過酷な環境の様子とともに、最新の研究結果から見えてきた環境適応のメカニズムを紹介します。
 「コウモリの進化、生態、からだの形」小薮大輔 先生(筑波大学)
地球上にはヒトを含めて哺乳類が約6,000種生息しています。このうち、おおよそ半分はネズミの仲間たちです。そして、そのまた残りの半分の約1400種はコウモリの仲間です。地味で普段あまり見かけることもないコウモリたちですが、実は地球上で大変繁栄している動物といえます。地球上の多くのコウモリは洞窟をすみかとして生きています。洞窟はほとんど陽が当たらない、真っ暗な「変な」場所です。普通の動物にとって真っ暗な場所は不便な環境ですが、天敵の餌食となる不安がほとんどないという利点もあります。コウモリたちは真っ暗な場所でも反響音を使って、周りの環境や物体の形状を把握する特殊な能力をもっており、空を自力で飛ぶ能力とともに、コウモリたちの進化的な大繁栄に大きく寄与したと考えられています。他にもコウモリは体の大きさの割に哺乳類では最も長寿だったり、哺乳類で最も大きな赤ちゃんを産んだり、年齢を重ねてもほとんど老化しなかったり、ウイルス等の病原体に非常に強かったりと、様々な不思議な性質をもちます。本講演ではそういったコウモリたちの変わった生態や進化の歴史、未だ解決されていない謎について紹介します。
 
「アストロバイオロジー研究の最前線 〜宇宙に生命はいるのか?〜」藤島皓介 先生(東京工業大学)
宇宙生物学(アストロバイオロジー)という単語を聞いたことがあるでしょうか?実はNASAが地球及び宇宙における生命の可能性を追究する目的で1990年代に作った超学際領域を指します。世界中の天文学,惑星科学,生化学,生物学など様々な学問分野の研究者が参入し、現在では国際的な研究連携ネットワーク、学会、学術団体などが発足しています。
アストロバイオロジーが掲げる大きなテーマは主に3つあります。1)我々はどこから来たのか?という「生命の起源」、2)我々以外に生命はいるのか?という「生命の分布」、そして3)星に誕生した生命が行き着く先の「生命の未来」です。本講演では特に「生命の分布」に焦点を当て、現時点で地球外生命が存在する可能性がある太陽系内の天体(火星、さらには木星や土星の氷衛星)や、太陽系の外にあるハビタブルな系外惑星などを紹介していきたいと思います。特に最新の宇宙探査で得られた知見や地球の生命の共通の特徴に触れつつ、地球以外の場所で生命が誕生できるための環境条件、さらには第二の生命を見つける上で重要な兆候とは何か?という問題を皆様と一緒に考えていければと思います。
 
【参加・演題申し込み方法】
[発表される方] 2月12日(土)17時までに、以下のURLより参加登録および演題登録を行なってください。
 
※一般発表の場合には、発表者に日本動物学会・関東支部会員が1名以上含まれている必要があります。ただし、高校生の研究発表の場合には、この限りではありません。
※中学生で研究発表を希望される方は、身分「その他」を選択し、中学生と記載ください。
※ポスター発表は、Linc Biz 形式を利用します。ポスターチャンネルには、ポスターを必ず掲載していただきますが、ポスター(複数枚可)に加えて、動画、Zoom URL 等も掲載できます。演題登録をされた方には、後ほどマニュアルを送付しますので、ご安心ください。
 
[発表されない方] 3月3日(木)17時までに、以下のURLより参加登録を行ってください。
 
※第二部の参加者は、「動物学会会員」か「発表者リストに名前がある方」のみに制限します。
 
参加・演題申込みフォーム
※要旨の文字数は、200字以内です。
 
本大会の最新情報は、日本動物学会関東支部のFacebookを通じてお知らせいたします(https://www.facebook.com/zsjkanto)。
 
大会準備委員
猪早 敬二(東京工業大学)
加藤 明(東京工業大学)
川上 厚志(東京工業大学)
立花 和則(東京工業大学)
田中 幹子(東京工業大学)
田守 正樹(東京工業大学)
二階堂 雅人(東京工業大学)
若林 憲一(東京工業大学)
 
問い合わせ先 045-924-5722(田中幹子)
令和4年(2022年) 
日本動物学会関東支部 第74回大会のお知らせ(第二報)
==============================================  
日本動物学会会員の皆様
 
ご案内しておりますように、本年度の関東支部大会は、2022年3月5日(土)にオンラインにて開催されます(参加費無料)。
本大会は、第一部の公開シンポジウムと第二部のポスター発表(一般会員、高校生)の2部構成となっております。第二部のポスター発表では、学生と高校生(もしくは中学生)の発表者を審査対象とし、優秀な発表にポスター賞を贈る予定です。表彰式はオンライン懇親会で行われます。
 
 
【プログラム(予定)】
第一部(10:00-12:20)公開シンポジウム「変なところに住む生きもの」
 
「過酷な環境(乾燥、強酸性、高塩濃度)で生き延びるユスリカの仲間」黄川田隆洋 先生(農研機構、東大院)
 
「コウモリの進化、生態、からだの形」小薮大輔 先生(筑波大学)
 
「アストロバイオロジー研究の最前線 〜宇宙に生命はいるのか?〜」藤島皓介 先生(東京工業大学)
 
総会(12:20-13:00)
 
第二部(13:00-15:00) ポスター発表(Linc Biz 形式:https://getlincbiz.jp/pss/
 
15:15~ オンライン懇親会(表彰式あり:Zoom 形式)
 
 
 
【参加・演題申し込み方法】
[発表される方] 2月12日(土)17時までに、以下のURLより参加登録および演題登録を行なってください。
 
※一般発表の場合には、発表者に日本動物学会・関東支部会員が1名以上含まれている必要があります。ただし、高校生の研究発表の場合には、この限りではありません。
※中学生で研究発表を希望される方は、身分「その他」を選択し、中学生と記載ください。
 
[発表されない方] 3月3日(木)17時までに、以下のURLより参加登録を行ってください。
 
 
 
※第二部の参加者は、「動物学会会員」か「発表者リストに名前がある方」のみに制限します。
 
 
参加・演題申込みフォーム
 
 
本大会の最新情報は、日本動物学会関東支部のFacebookを通じてお知らせいたします(https://www.facebook.com/zsjkanto)。
 
大会準備委員
 
猪早 敬二(東京工業大学)
加藤 明(東京工業大学)
川上 厚志(東京工業大学)
立花 和則(東京工業大学)
田中 幹子(東京工業大学)
田守 正樹(東京工業大学)
二階堂 雅人(東京工業大学)
若林 憲一(東京工業大学)
 
 
問い合わせ先 045-924-5722(田中幹子)







 
■ 令和4年(2022年)

日本動物学会関東支部第74回大会開催のお知らせ
===============================================
本年度の関東支部大会を 2022 年3月5日(土)にオンラインにて開催いたします。皆様、奮ってご参加ください(参加費無料)。
【プログラム(予定)】
本大会は、公開シンポジウムとポスター発表(一般会員、高校生)の2部構成となっております。
 
第一部(10:00-12:20)公開シンポジウム「変なところに住む生きもの」
 
「過酷な環境(乾燥、強酸性、高塩濃度)で生き延びるユスリカの仲間」
黄川田隆洋 先生(農研機構、東大院)
 
「コウモリの進化、生態、からだの形」
小薮大輔 先生(筑波大学)
 
「アストロバイオロジー研究の最前線 〜宇宙に生命はいるのか?〜」
藤島皓介 先生(東京工業大学)
 
総会(12:20-13:00)
 
第二部(13:00-15:00) ポスター発表
 
15:15〜 オンライン懇親会(表彰式あり)
 
【参加・演題申し込み方法】
[発表される方] 2月12日(土)17時までに、以下のURLより参加登録および演題登録を行なってください。
 
※一般発表の場合には、発表者に日本動物学会・関東支部会員が1名以上含まれている必要があります。ただし、高校生の研究発表の場合には、この限りではありません。
 
[発表されない方] 3月3日(木)17時までに、以下のURLより参加登録を行ってください。
 
※第二部の参加者は、「動物学会会員」か「発表者リストに名前がある方」のみに制限します。
 
参加・演題申込みフォーム
 
本大会の最新情報は、日本動物学会関東支部のFacebookを通じてお知らせいたします(https://www.facebook.com/zsjkanto)。
 
大会準備委員
猪早 敬二(東京工業大学)
加藤 明(東京工業大学)
川上 厚志(東京工業大学)
立花 和則(東京工業大学)
田中 幹子(東京工業大学)
田守 正樹(東京工業大学)
二階堂 雅人(東京工業大学)
若林 憲一(東京工業大学)
 
問い合わせ先 045-924-5722(田中幹子)
===============================================
■ 令和3年(2021年)

日本動物学会関東支部 第73回大会開催のお知らせ


=============================================
大会案内(第4報)

みなさま
 
関東支部大会の参加登録締め切りが迫ってまいりました。システムの関係上、締切以降の参加登録は行なえませんので、ぜひ今のうちにご登録ください。
参加登録URL:http://tinyurl.com/zoology2021 (3/17の17時まで)
 
また可能であれば、下記の案内を皆さまのお知り合いの方に転送していただければ幸いです。何卒よろしくお願い申し上げます。
 
大会運営委員
道上達男・山元孝佳







=============================================
大会案内(第3報)
【要旨登録〆切延長】日本動物学会関東支部 第73回大会のお知らせ
 
第73回大会のポスター発表(会員、学生、高校生など)申し込み締め切りを3月5日(金)午後1時まで申し込みを延長することといたしました。下記URLより、ぜひご登録ください。
 
発表をなさらない方は3/17(木)の17時までに事前登録をお願いいたします(それ以降の登録の場合、IDの発行が間に合わず、参加できません)。
 
オンラインではありますが、皆様にお会いできることを楽しみにしております。
 
【問い合わせ先】
道上 達男 会員(東京大学)tmichiue[at]bio.c.u-tokyo.ac.jp 
山元 孝佳 会員 (東京大学)tyamamoto[at]bio.c.u-tokyo.ac.jp
=============================================



 



大会案内(第2報)
オンラインでの開催になります;参加費無料・懇親会無し
 
 今回のお知らせでは公開シンポジウムの要旨を掲載させていただきました。皆様の好奇心を刺激するテーマが揃っております。皆様、奮ってご参加ください。











大会案内(第1報)
 以下2つのPDFファイルをご参照ください。



 






 
■ 令和2年(2020年)

日本動物学会関東支部  第72回大会
最新の情報は公式Facebookアカウントを御覧ください


【オンライン開催】支部大会(第6報)
実行委員会といたしましては、先日アナウンスさせていただきましたONLINEでの発表に目処がつきましたので、現状をご報告させていただきます。
公開シンポジウムはリアルタイム動画配信での開催を予定しています。
また、ポスター発表はオンラインでの配信とそれに対するコメント形式で準備しております。オンラインの掲示は二週間ほどを予定しております。一般発表は、ポスターのオンラインでの掲示をもって発表と認めることといたしますが、高校生発表は臨時休校や設備等の事情を考慮する必要がありますので、要旨提出の時点で発表と認めることといたします。なお、ポスターの形式や投稿方法などの詳細については、追って連絡します。

【※重要】今週末に、アクセスのためのURLと説明書を参加者のみに限定で送付させていただく予定です。
事前に登録されておられずアクセスを希望される方は、以下のサイトから必ず「事前参加登録」を行なってください。https://forms.gle/T3UvrWukanyVCGgdA

ポスターはダウンロードを禁止としますが、一定期間、オンラインで公開になりますので、普段にも増してデータの保護につきましてはご注意いただきポスターを作成してくださいますようお願いいたします。
今後の情報も、大会HPおよび支部会HP FaceBookでご連絡させていただきます。
引き続きよろしくお願いいたします

日本動物学会関東支部 第72 回大会準備委員会
支部大会(第5報)
新型コロナウイルスの感染が毎日のように報道されております。
会員の皆様におかれましても、どうぞご自愛くださいますようお願いいたします。

感染拡大の予防措置として、慶應義塾大学では本学が主催するイベントの開催を原則として中止または延期の判断を行うものとなりました。本大会は慶應義塾大学自然科学研究教育センターの共催を受けておりますので、残念ながら、第72回関東支部大会で慶應義塾大学にお集まりいただくことはできなくなってしまいました
現在、実行委員会としては、ONLINE等の方法(紙のポスター印刷は不要)での発表なども含めた、代替手段の可能性を検討しております。検討段階につき、本件の可否も現時点では未定ですが、慶應大学にお集まりいただくことは少なくとも不可能になりますのでお知らせいたします。代替案については、しばし、お時間をいただきたくお願いいたします。

今後の情報も、大会HPおよび支部会HP FaceBookでご連絡させていただきます。

第72回関東支部大会 大会長:鈴木 忠 会員(慶應義塾大学)
支部大会(第4報)
新型コロナウィルス感染拡大が問題となっております。現在、実行委員会では情報を収集しながら、3/14の大会開催について検討を進めております。

締め切りましたポスター発表には、一般発表 104題、高校生発表 35題の多数の申し込みがありました。ありがとうございます。

要旨集を支部大会HP(https://sites.google.com/keio.jp/kanto72keio/%E3%83%9B%E3%83%BC%E3%83%A0?fbclid=IwAR2y9l4TzT7qMxoGQvUUEH6cBrHGBFFVxK7evfGC4JdTpsRBK9DKyIbx4TU)にUPさせていただきました。ご確認いただきたくお願いいたします。

皆様にお会いできることを楽しみにしております。



大会長:鈴木 忠 会員(慶應義塾大学)
大会案内(第3報)
【新型コロナウイルス拡大に伴う当学会の対応について】

新型コロナウイルスの感染拡大が問題となっております。日本動物学会関東支部第72回大会実行委員会でも情報収集に努め、状況を検討しております。現在のところは開催を予定していますが、大会後の懇親会は中止することを決定いたしましたので、ご報告します。
また、大会の開催につきましても、状況に変更がありましたら、直ちにこのHPまたは関東支部FaceBookにてご報告いたします。
最終決定は開催1週間前(3月7日)を予定いたしております。ご理解の程、よろしくお願いいたします。
大会案内(第2報)

今回のお知らせでは公開シンポジウムの要旨を掲載させていただきました。皆様の好奇心を刺激するテーマが揃っております。皆様、奮ってご参加ください。

大会案内(第1報)
2020314日(土)慶應義塾大学・日吉キャンパスにて関東支部大会が開催されますので、奮ってご参加ください。






■ 平成31年(2019年)

日本動物学会関東支部 第71回大会 
(於:中央大学理工学部・後楽園キャンパス [東京都文京区春日1-13-27] )



大会案内(第3報)
支部大会では、大会にて一般向け公開シンポジウムも行っております。
案内は、こちらのウェブページからどうぞ。
大会案内(第2報)
大会予稿集は左らからダウンロードできます。当日参加も受け付けておりますので、奮ってご参加ください。
最新の案内はこちらから

http://www.bio.chuo-u.ac.jp/nano/ZSJ_Kantou/

大会案内(第1報)
2019年3月9日(土)に、中央大学・後楽園キャンパスにて第 71 回支部大会が開催されます。皆様、奮ってご参加ください。なお、参加・演題登録の〆切は2月6日(水)までです。詳細は、左のpdfファイル(第一報)を御覧ください。


■ 平成30年

 日本動物学会関東支部 第70回大会 (於:上智大学・四谷キャンパス)

大会予稿集
 大会予稿集はこちらからダウンロードできます(3月16日、改訂版)。当日参加も受け付けておりますので、ふるってご参加ください。

大会案内(第2報)
発表申込の締切は2月13日(火)です。最新の情報はこちらからご覧ください。

大会案内(第1報)
2018年3月21日(水・祝日)に上智大学・四谷キャンパスにおいて支部大会、総会、および公開シンポジウム「魚類の多様な世界〜魚はどのように進化したのか〜」が開催されます。皆様、奮ってご参加下さい。なお、発表申込の締切は2月13日(火)の正午です。詳細は左のpdfファイル(第1報)をご覧ください。




これまでの大会
----------以下は、過去に開催された支部大会の情報です----------
■ 平成29年
 日本動物学会関東支部 第69回大会 (於:筑波大学・東京キャンパス文京校舎)

 ■ 平成28年
日本動物学会関東支部 第68回大会 (於:神奈川大学横浜キャンパス)

 ■ 平成27年
  日本動物学会関東支部 第67回大会 (於:早稲田大学先端生命医科学センター)
■ 平成26年
  日本動物学会関東支部 第66回大会 (於:東京大学柏キャンパス)
■ 平成25年
 日本動物学会関東支部 第65回大会 (於:東京工業大学)

■ 平成24年

日本動物学会関東支部 第64回大会 (於:東邦大学)

■ 平成23年
日本動物学会関東支部 第63回大会 (於:慶応義塾大学)
■ 平成22年
日本動物学会関東支部 第62回大会 (於:筑波大学)
 平成21年
日本動物学会関東支部 第61回大会(於:埼玉大学)
更新日: 2009年2月17日
 平成20年
 平成19年
 平成18年
 平成17年
 平成16年
 平成15年
 平成14年
 平成13年
 平成12年
 平成11年
 平成10年
 平成9年

<< 戻る >>



*