沿革・年表

沿革と歴史

学会の創立

江戸時代の博物学の基礎知識を元に欧米の近代的動物学を積極的に取り入れた明治の先達は、基礎科学系の諸学会の中でもきわめて早期の明治11年10月20日、本学会の前身東京生物学会を発足させた。その後、明治18年には東京動物学会へと名称を変更し、21年には動物学雑誌を30年には欧文誌の動物学彙報の発行を開始した。このようにして欧米の動物学の最新動向を学びつつ学会としての形を整えていった初期の動物学者の類い希なる努力は、その後わが国動物学界において独創的研究を生み出すための礎の構築に大いなる寄与をした。さらに、大正時代から昭和初期にかけては大学の相次ぐ創設にともなって動物学教室が新設されて動物学者の人数も増加し、分類学、発生学、生理学、形態学、遺伝学、生態学など専門の分化と内容の近代化が進んだ。大正12年には日本動物学会と名称を変え、昭和4年には学会創立50周年記念祝典を開催するに至った。しかし、日中戦争に端を発し、太平洋戦争へと拡大する戦火の中では基礎科学系の諸学会は存亡の危機に立たされた。その間、動物と動物学を愛して止まなかった動物学者は艱難辛苦の中で、研究材料を選び研究方法を工夫して自らの信念を貫き通すと共に、学会の維持運営に血のにじむ努力を傾けた。昭和14年には動物学会賞が創設され、戦中に同賞を授与された福田宗一会員、川村智治郎会員らが戦後学士院賞に輝くことになったことを見れば、その努力の一端が報いられたと言えよう。

戦後の学会

戦後、会員数は1,000名を越え、さらに新制大学の発足は若い世代を動物学に志向させ、研究者の質的・量的拡大へと連なり、昭和29年の学会創立75周年記念祝典を機に会員数は急速に増加に転じた。一方、ワトソンとクリックのDNAの二重らせんの発見に象徴される分子生物学や生化学の台頭は、本学会にも多大な影響を及ぼし、研究の方向性に変化が生じ始めた。昭和30年代後半からわが国が高度成長時代を迎えると、学会は環境問題、資源人口問題、エネルギー問題とも無縁ではなくなり、化学、生化学、医学、農学、工学と関連した研究分野も開拓されるようになっていった。この間、日本生物物理学会、日本発生生物学会、日本比較内分泌学会、日本動物生理学会(現日本比較生理生化学会)が相次いで設立され、研究の専門化が進むとともに研究者の層も厚くなっていった。

創立100周年以降

昭和54年学会創立100周年の記念祝典で当時の江上信雄会長は、日本動物学会は動物学の伝統を大切に、自然史的な学問の香りを保持しつつ、しかも新しい科学の息吹に力をかして、動物学の調和ある発展を目指すべきである、と挨拶した。これは本学会の由って来る所以を示し目指すところを的確に表現している。平成5年(6月29日付)には長年の念願であった社団法人日本動物学会が認可され、委員会活動は従前に増して活発化し、多くの会員の要望が実って国家公務員一種試験に生物学の受験枠が出来た。一方、分子生物学の手法が多くの生命科学者の自家薬籠中の物となった今日、数千万から数億種に上ると言われる現存生物種の多様性の解明が、生物学界のつぎなる大きなテーマとしてクローズアップされてきた。今、本学会は生命系全体を包括的に記載し、それらのゲノムDNA、細胞、配偶子を解析・保存することをめざす壮大な「ガイアリスト21」プロジェクトをいち早く提案し、その実現に精力を傾けつつある。平成24年(7月2日付)には公益社団法人日本動物学会となった。

歴史年表

西暦 元号 会長名 会員数 大会
開催地
(回数)
名誉会員 学会賞 備 考
1877 明治
10年
          東京大学理学部生物学科創設
1878 11年 矢田部 良吉 12       東京生物学会創立(10月20日)
1879 12年 矢田部 良吉         東京大学理学部動物学教室
              (生物学教室から分かれる)
1880 13年 矢田部 良吉          
1881 14年 矢田部 良吉          
1882 15年 箕作 佳吉 38       (東京植物学会が分かれて創立)
1883 16年 箕作 佳吉          
1884 17年 箕作 佳吉         東京人類学会創立
1885 18年 箕作 佳吉         東京生物学会を東京動物学会と改称
1886 19年 箕作 佳吉         東京高等師範設立
1887 20年 箕作 佳吉         三崎臨海実験所設立
1888 21年 箕作 佳吉         動物学雑誌第1巻第1号発行
1889 22年 箕作 佳吉          
1890 23年 箕作 佳吉          
1891 24年 飯島 魁 219        
1892 25年 箕作 佳吉          
1893 26年 石川 千代松         日本解剖学会創立
1894 27年 佐々木 忠次郎          
1895 28年 箕作 佳吉          
1896 29年 飯島 魁          
1897 30年 箕作 佳吉         日本動物学彙報第1巻1,2号発行
1898 31年 飯島 魁          
1899 32年 箕作 佳吉          
1900 33年 飯島 魁          
西暦 元号 会長名 会員数 大会
開催地
(回数)
名誉会員 学会賞 備 考
1901 34年 箕作 佳吉          
1902 35年 飯島 魁         日本医学会創立
1903 36年 箕作 佳吉          
1904 37年 飯島 魁          
1905 38年 渡瀬 庄三郎          
1906 39年 箕作 佳吉          
1907 40年 飯島 魁         東北(帝国)大学農科大学に動物学
              教室設立
1908 41年 渡瀬 庄三郎          
1909 42年 飯島 魁          
1910 43年 渡瀬 庄三郎          
1911 44年 飯島 魁          
1912 45年 岩山 友太郎         日本鳥学会創立
1913 大正
2年
石川 千代松          
1914 3年 五島 清太郎         大津臨湖実験所設立
1915 4年 飯島 魁          
1916 5年 渡瀬 庄三郎          
1917 6年 五島 清太郎          
1918 7年 飯島 魁          
1919 8年 丘 浅次郎          
1920 9年 渡瀬 庄三郎         日本遺伝学会創立
1921 10年 五島 清太郎         京都大学理学部および九州大学農学
              部に動物学教室設立
1922 11年 渡瀬 庄三郎         瀬戸臨海実験所設立
              日本生理学会創立
1923 12年 五島 清太郎         東京動物学会を日本動物学会と改称
              東北大学理学部に生物教室設立
              日本哺乳動物学会創立
1924 13年 渡瀬 庄三郎         日本動物学輯報(Jap. J. Zool.)
              第1巻第1号発行
              浅虫臨海実験所設立
1925 14年 谷津 直秀   東 京(1)     日本生化学会創立
1926 15年 丘 浅次郎 706 京 都(2)     日本寄生虫学会創立
1927 昭和
2年
五島 清太郎   仙 台(3)      
1928 3年 谷津 直秀   福 岡(4)     天草臨海実験所設立
              日本貝類学会創立
              日本生物地理学会創立
1929 4年 丘 浅次郎   東 京(5)     創立50周年記念行事
              広島文理科大学に生物学科設立
              日本応用昆虫学会創立
1930 5年 谷津 直秀   札 幌(6)     北海道大学理学部に動物学教室設立
1931 6年 丘 浅次郎   京 都(7)     厚岸臨海実験所設立
1932 7年 谷津 直秀   台 北(8)      
1933 8年 丘 浅次郎   広 島(9)     向島臨海実験所設立
              下田臨海実験所設立
              日本水産学会創立
1934 9年 谷津 直秀   京 城(10)      
1935 10年 丘 浅次郎   仙 台(11)     パラオ熱帯生物研究所設立
1936 11年 谷津 直秀 779 福 岡(12)      
1937 12年 丘 浅次郎 797 札 幌(13)      
1938 13年 谷津 直秀 817 大 阪(14)      
1939 14年 谷津 直秀 850 東 京(15)   木下 治雄 菅島臨海実験所設立
            武田 信之  
1940 15年 谷津 直秀 912 京 都(16)   冨田 軍二  
            加藤 陸奥雄  
1941 16年 谷津 直秀 930     福田 宗一 日本ガン学会創立
            徳田 御稔  
1942 17年 谷津 直秀 994 仙 台(17)   高谷 博 名古屋大学理学部に生物学教室設立
            川村 智治郎  
1943 18年 岡田 要 916 東 京(18)   中村 治 日本衛生動物学会創立
            狭間 文一  
1944 19年 岡田 要 946   宮島 幹之助    
          谷津 直秀    
1945 20年 岡田 要 954   妹尾 秀実   日本鱗翅学会創立
1946 21年 岡田 要 934       文部省出版補助金申請,交付される
1947 22年 岡田 要 1022       染色体学会創立
1948 23年 合田 得輔 1023 札 幌(19)     動物学会に支部制度発足
1949 24年 合田 得輔 1058 東 京(20)     大阪大学,九州大学,東京都立大学の
              各理学部に生物学教室設立
1950 25年 岡田 要 1078 名古屋(21)   団 勝麿 日本ウィルス学会創立
            山本 時男 日本細胞生物学会創立
西暦 元号 会長名 会員数 大会
開催地
(回数)
名誉会員 学会賞 備 考
1951 26年 岡田 要 1198 広 島(22)      
1952 27年 岡田 要 1105 仙 台(23)      
1953 28年 岡田 要 1171 京 都(24)   椎野 季雄 日本生態学会創立
            山田 常雄  
1954 29年 岡田 要 1186 東 京(25)   牧野 佐二郎 動物学会創立75週年記念行事
            木下 治雄  
1955 30年 岡田 要 1210 福 岡(26)   元村 勲  
1956 31年 岡田 要 1240 金 沢(27)   朝比奈 正二郎  
1957 32年 岡田 要 1354 札 幌(28)   椙山 正雄  
1958 33年 岡田 要 1329 松 山(29)   団 ジーン  
1959 34年 岡田 要 1426 東 京(30)   徳永 千代子  
1960 35年 岡田 要 1438 大 阪(31)   桑原 万寿太郎 日本生物物理学会創立
1961 36年 内田 亨 1473 仙 台(32)   岡田 節人  
            岡田 豊日  
1962 37年 内田 亨 1399 岡 山(33)   丘 英通  
1963 38年 佐藤 忠雄 1406 福 岡(34)   江上 信雄  
1964 39年 佐藤 忠雄 1334 名古屋(35) 大島 正満 森下 正明  
            平本 幸男  
1965 40年 丘 英通 1404 東 京(36)   安藤 裕  
1966 41年 丘 英通 1336 札 幌(37)   内海 冨士夫  
1967 42年 団 勝麿 1538 京 都(38)   酒井 彦一 日本発生生物学会創立
            坂上 昭一  
1968 43年 団 勝麿 1672 広 島(39)   江口 吾朗  
            茅野 春雄  
1969 44年 団 勝麿 1690 東 京(40)   森田 弘道  
1970 45年 団 勝麿 1650 福 岡(41)   吉沢 透  
1971 46年 団 勝麿 1666 仙 台(42) 内田 亨 金谷 晴夫  
          宮地 伝三郎 丸山 工作  
          野村 七録    
1972 47年 団 勝麿 1662 名古屋(43) 佐藤 忠夫 吉田 正夫  
            小林 英司  
1973 48年 桑原 万寿太郎 1766 東 京(44) 丘 英通 岡崎 嘉代  
            内藤 豊  
1974 49年 桑原 万寿太郎 1845 札 幌(45) 犬飼 哲夫 毛利 秀雄  
          団 勝麿 原 富之  
          元村 勲 原 黎子  
1975 50年 桑原 万寿太郎 1919 京 都(46) 市川 純彦 秋野 美樹 日本比較内分泌学会創立
          竹脇 潔 渡辺 浩  
1976 51年 桑原 万寿太郎 2013 広 島(47) 川村 智治郎 高杉 暹  
          沼野井 春雄 樋渡 宏一  
          牧野 佐二郎    
          森脇 大五郎    
          山本 時男    
1977 52年 団 勝麿 2035 山 形(48) 上野 益三 安増 郁夫 国立基礎生物学研究所設立
          山内 年彦 柳町 隆造  
          福田 宗一    
1978 53年 団 勝麿 2017 熊 本(49) 川口 四郎 内田 清一郎 日本分子生物学会創立
          椎野 季雄 大出 浩  
          椙山 正雄 平野 哲也  
          高槻 俊一    
          冨山 一郎    
          花岡 謹一郎    
          三宅 貞祥    
          柳生 亮三    
1979 54年 江上 信雄   東 京(50)   鈴木 義昭 動物学会創立100周年記念式典
            関口 晃一 日本動物生理学会創立
1980 55年 江上 信雄 2103 静 岡(51)   大西 英爾  
            杉 晴夫  
1981 56年 江上 信雄 2117 札 幌(52)   山名 清隆  
            塩川 光一郎  
            三宅 章雄  
1982 57年 江上 信雄 2215 大 阪(53)   渡辺 良雄  
            森脇 和郎  
1983 58年 小林 英司 2375 愛 媛(54)   石崎 宏矩  
            鈴木 昭憲  
            石居 進  
1984 59年 小林 英司 2320 盛 岡(55) 石田 寿老 新井 康允 動物学雑誌と彙報に代わりZool. Sci. 発行
          桑原 万寿太郎 大日方 昂  
1985 60年 小林 英司 2352 東 京(56)   上野 俊一 Zool. Sci. Award 制定
            片桐 千明  
1986 61年 小林 英司 2387 福 岡(57) 加藤 陸奥雄 小黒 千足  
            藤井 良三  
1987 62年 江上 信雄 2419 富 山(58) 木下 治雄 千葉 喜彦  
            星 元紀  
1988 63年 江上 信雄 2442 札 幌(59)   久田 光彦  
            石川 統  
            岡田 益吉  
1989 平成
元年
江上 信雄 2480 京 都(60)   長濱 嘉孝 江上会長逝去,会長交代
    森田 弘道       川島 誠一郎  
1990 2年 森田 弘道 2472 新 潟(61)   浅島 誠  
            馬淵 一誠  
1991 3年 毛利 秀雄 2503 岡 山(62)   菊山 栄  
            佐藤 矩行  
1992 4年 毛利 秀雄 2532 仙 台(63)   山上 建次郎  
            竹内 拓司  
1993 5年 毛利 秀雄 2414 那 覇(64)   岸本 健雄 動物学会社団法人化
            安部 眞一  
1994 6年 毛利 秀雄 2617 名古屋(65)   井出 宏之  
            鈴木 範男  
            吉里 勝利  
1995 7年 丸山 工作 2647 東 京(66) 小林 英司 道端 齊 動物学会奨励賞制定
            森沢 正昭  
1996 8年 丸山 工作 2670 札 幌(67)   芦田 正明  
            嶋田 拓  
            赤坂 甲治  
1997 9年 丸山 工作 2684 奈 良(68)   徳永 史生  
            山口 恒夫  
1998 10年 丸山 工作 2696 広 島(69)   青木 淳一  
1999 11年 星 元紀 2710 山 形(70) 樋渡 宏一 桑澤 清明 日本進化学会創立
            八杉 貞雄  
2000 12年 星 元紀 2690 東 京(71)   七田 芳則  
            宗岡 洋二郎  
西暦 元号 会長名 会員数 大会
開催地
(回数)
名誉会員 学会賞 備 考
2001 13年 星 元紀 2686 福 岡(72) 関口晃一

 

中村 治

池上 晋

筒井和義

 
2002 14年 星 元紀 2549 金 沢(73)  

阿形 清和

高橋 景一/真行寺 千佳子

馬渡 駿輔

 
2003 15年 浅島 誠 2537 函 館(74)   西田 宏記  
2004 16年 浅島 誠 2540 神 戸(75)

森田 弘道

石崎 宏矩

大西 英爾

岡田 節人

高杉 暹

茅野 春雄

久田 光彦

平本 幸男

毛利 秀雄

吉澤 透

渡邊 浩

蟻川 謙太郎

藤澤 敏孝

 
2005 17年 浅島 誠 2537 つくば(76)  

倉谷 滋

小林 悟

松井 正文

 
2006 18年 浅島 誠 2530 松 江(77)  

深田 吉孝

根本 心一

 
2007 19年 佐藤 矩行 2533 弘 前(78)   酒泉 満/松田 勝  
2008 20年 佐藤 矩行   福 岡(79)

岡田 益吉

日高 敏隆

星 元紀

森脇 和郎

山口 恒夫

竹井 祥郎

武田 洋幸

 
2009 21年 佐藤 矩行   静 岡(80)   寺北 明久 生物科学ニュース撤退
2010 22年 佐藤 矩行   東 京(81)  

深津 武馬

高橋 孝行

 
2011 23年 長濱 嘉孝   旭 川(82)  

水波 誠

井口 泰泉

 
2012 24年 長濱 嘉孝   大 阪(83)  

神谷 律

沼田 英治

公益社団法人化
2013 25年 阿形 清和   岡 山(84)  

岡 良隆

富岡 憲治

 
2014 26年 阿形 清和   仙 台(85)   澤田 均  
2015 27年 武田 洋幸   新 潟(86)

浅島 誠

石居 進

西川 輝昭

山下 正兼

 
2016 28年 武田 洋幸   沖 縄(87) 菊山 榮 中村 正久 国際動物学会との合同大会
2017 29年 岡 良隆   富 山(88) 嶋田 拓 伊藤 悦朗  
2018 30年 岡 良隆   札 幌(89)  

田村 宏治

佐藤 ゆたか

創立140周年
北海道胆振東部地震のため、本大会の開催を中止、12月に代替大会を東京で開催
2019 令和元年 岡 良隆   大 阪(90)

長濱 嘉孝

佐藤 矩行

阿形 清和

増田 隆一

古屋 秀隆

 

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第90回大阪大会

PAGE TOP