日本動物学会女性研究者奨励OM賞

日本動物学会女性研究者奨励OM賞

日本動物学会は平成13年度より、OM氏より寄付を受け、同年総会において、本学会会員である女性研究者の動物科学研究を奨励する「社団法人日本動物学会OM賞」を設立し、規程を定めました。その後、名称を「日本動物学会女性研究者奨励OM賞」と改めています。OMは、大場方子氏のイニシャルに由来します。
平成24年、本学会の公益社団法人化に伴い、さらに規程を改訂しました。日本動物学会は、本学会会員に限らず動物科学を研究するすべての女性研究者を対象に、この賞の公募を行います。男女共同参画社会基本法や女性活躍推進法の施行にもかかわらず、依然として、女性研究者がそれぞれの多様な生き方を選択し、能力を十分に発揮できる環境の実現には至っていません。本賞は、不安定な身分等の理由により研究を続けることが困難な状況にありながら、強い意志と高い志を持って優れた動物科学分野の研究を推進しようとする女性研究者を支援することを目的としています。

申請方法

下記「日本動物学会女性研究者奨励OM賞 応募申請書作成要項」を確認の上、申請書類1式の電子ファイルを完成し、学会賞等申請サイトからアップロードしてください

応募締切

平成31年度応募締切 3月31日(日)午後5時
平成31年度の応募は終了しました。

問合せ先

〒113-0033 東京都文京区本郷7-2-2 本郷MTビル4階
公益社団法人 日本動物学会
電話:03-3814-5461 電子メール:zsj-society@zoology.or.jp

日本動物学会賞等 申請サイトはこちら

 過去の受賞者一覧

日本動物学会女性研究者奨励OM賞 応募申請書作成要項

2016年11月改訂

この賞への応募を希望される方は、賞の趣旨と選考規程を充分にご理解の上、以下の項目を、この順に従って、A4用紙に記載して申請して下さい。項目8、9、11、12は審査上特に重要です。審査では守秘義務が徹底されますので、審査員が状況を正確に読み取れるよう具体的に記述して下さい。

申請書のスタイル

A4用紙を使用し、下部中央にページ番号をふってください。申請書枚数は、以下の記載事項全て記載した上で最大4ページまでとします。書体は自由ですが、明朝体などの読みやすい書体で11-12ポイントを使用してください。

記載事項

1ページ目:最上部に次の2つを記載して下さい。
日本動物学会女性研究者奨励OM賞申請書
申請年月日(○年(西暦)○月○日)

以下は、番号をつけて順に記載してください。

  1. 申請研究テーマ(30字以内)
  2. 申請者氏名とふりがな
  3. 生年月日(西暦)  年 月 日生
  4. 現住所(郵便番号)
  5. 所属先、身分、所属先所在地、郵便番号、電話、電子メール
  6. 連絡先(所属先と異なる場合に記載:所在地、電話、電子メール)
  7. 学歴(大学入学以降)
  8. 研究歴・職歴
    これまでの研究テーマと身分を、できるだけ具体的に詳しく記述して下さい。現在もしくはこれまでに、出産・育児・介護・その他の事情により研究に専念することが困難な状況があれば、それについても経歴として含め、諸事情についても差し支えない範囲でなるべく具体的に記述して下さい。
  9. これまでの研究
    ① 成果の概略
    ② 研究環境や研究遂行上のさまざまな問題点(現在既に問題が解決している場合は、その解決の経過も記して下さい。)
  10. 申請研究テーマを構想するに至った経緯と計画の概要
  11. 申請研究テーマを遂行する上での問題点とその対処法
    9と重複があっても構いません。現状と関連させてなるべく具体的に記述して下さい。
  12. 目指す研究者像
    応募の動機にも触れて下さい。勧められて応募した場合は、差し支えなければ推薦者の氏名と所属も記載してください。
  13. 主な業績リスト
    A4用紙1ページ以内に、原著論文・学会発表・その他の活動に分けて書いてください。なお、論文別刷などの参考資料を追加したい場合は、主なもの2編までとします。参考資料のファイルは、申請書本体の文書ファイルと共にZIPファイルなどにまとめてアップロードしてください。

問合せ先

公益社団法人 日本動物学会
電話:03-3814-5461、 電子メール:zsj-society@zoology.or.jp

日本動物学会女性研究者奨励OM賞 選考規程

第1条 公益社団法人日本動物学会定款第4条、第5条1項4号、及び細則12条にもとづき本賞を定める。本賞を日本動物学会女性研究者奨励OM賞とする。

第2条 本賞は、日本動物学会にOM氏より寄せられた寄附を基金とし、女性研究者による動物学発展への新たな試みを奨励することを目的とする。特に、安定した身分で研究を続けることが困難であるが、強い意志と高い志を持って研究に意欲的に取り組もうとする優れた女性研究者を支援する。

第3条 本賞の受賞資格は、動物科学を研究する女性研究者とする。

第4条 本賞の公募は、日本動物学会女性研究者奨励OM賞選考委員会が年1回行う。

第5条 本賞に応募する者は、日本動物学会女性研究者奨励OM賞選考委員会の定めるところに従い申請書を提出しなければならない。

第6条 日本動物学会女性研究者奨励OM賞選考委員会は、原則として2名の候補者を理事会に答申し、理事会は審議を経て受賞者を決定する。

第7条 受賞者に賞状と副賞を授与する。副賞は第2条に定める基金によるものとし、1件につき50万円とする。

第8条 本賞は、第2条に定める基金の残額が1件の副賞に足りなくなった時点で解消する。

第9条 この規定は,社会状況の変化に対応して検討が加えられるものとする。改正する場合は、理事会の承認を得なければならない。

附 則 この規程は2012年12月1日から施行する

最新のお知らせ

寄付のお願い

日本動物学会第90回大阪大会

PAGE TOP